TOP >>漢学院院長のインタビュー

安心して学べるサービスを提供します 潘暁春・漢学院院長インタビュー

漢学院にはどれくらいの留学生が学んでいるのでしょうか。

現在は毎年、長期留学生約900人、短期留学生約500人が学び、国籍は韓国、日本、ロシア、欧米諸国と世界各国に及んでいます。私が院長に就任した2002年当時は300〜400人ほどでしたが、いまは3倍にも増えました。それだけ中国語を勉強する人たちが増えているということだと思います。

卒業生たちの進路についてお聞かせください。

卒業生の進路は実に様々で、帰国する人もいれば、中国で働いたり、起業したりする人もいます。共通するのは中国語を生かした仕事に就いているということです。特に日本人にとってこの大連では中国語能力が大きなスキルになっています。大連には日系企業や中日の合弁企業など日本とビジネスを展開している企業が多いので、中国語ができる人材を求めています。卒業生の多くはこの大連を中心とした中国国内の企業に就職し、活躍しています。中国語の習得は将来のチャンスを広げてくれるのです。

漢学院の教育面での特徴はどのような点が挙げられるでしょうか。

数多くのコースが設けられ、レベルに応じたカリキュラムを組んでいますので、自分にあった学習で能力を伸ばすことができます。そして教師陣の質、両ともに東北地方で最も充実している漢語教育機関でもあります。教師陣の中から毎年1人、国外の大学へ派遣して教育能力を向上させるとともに国際的視野も養っています。また、教師、事務室は留学生の学習から生活まで、きめ細かな一貫サービスを提供し、留学生生活をサポートしています。

留学生へのアドバイスをお願いします。

留学の目的、考え方、年齢、職業などは人によって千差万別実です。HSKを目指す人がいれば、会話力を学ぶ人、中国文化を追求する人もいます。漢学院はこうした個々の求めに応じた勉強ができるシステムを備えています。ですから、自分の目標をしっかりと見据えて、実りある留学生生活を送っていただきたいと思います。

最後に中国留学を考えているみなさんへ。

私は中国の言語や文化を世界のみなさんに伝える仕事に誇りを持ち、大きな意義を感じています。ですから世界各国から多くの留学生をお迎えしたいと思っています。そのためにみなさんが素晴らしい環境で勉強できるように、学習、生活面でのサポート、サービス体制の充実を心がけてきました。特に日本と大連は距離的に近く、経済、文化面の交流も盛んです。多くの方々が大連に来て大連外国語学院漢学院で勉強されることをお待ちしています。

学院長写真
漢学院院長 潘暁春

経歴 profile

東北師範大学卒、専攻は政治教育。1988年に大連外国語学院の教師となり、1999年には遼寧省政府の国際派遣教師に選ばれ、日本の日本大学商学部に1年間留学した。2002年から現職の漢学院院長を務めている。