ハオ中国語アカデミー 中国語&台湾華語
新宿校
新宿校

新宿校ブログ新宿校ブログ

新宿校の日々の様子やコラムをお届けします。

大家好!
140403

 

 

今日は久しぶりに晴れて、とても気持ちが良いですね!

さて、来週からゴールデンウィークが始まります。

学校の掲示等ですでにご存知の方も多いと思いますが、ゴールデンウィークに伴いまして、下記期間は休校となります。

 

4月29日(水)~5月6日(水)

 

ただ今、上記GW休暇期間中のお振替レッスンのご予約を受付けております。

4月中はすでにお振替の予約を取られた方が多くいらっしゃるので、

少々レッスンが混み合っておりますが、まだまだお振替レッスンご予約頂けます。

4月中の受講が難しい方は、5月中に受けて頂いても問題ありません。

もちろん、当日予約もOKですよ!

 

みなさまのご連絡お待ちしております♪

 

 

空蒙的西湖

作者:山本同学

从大学时代,西湖就是我一直憧憬的地方。我看过很多本关于西湖的书,也得到了几本收藏西湖照片的书,还读过好几本以西湖为舞台的文学作品。总之我在书中了解到的西湖是一个扣人心弦的崇高之地。不过因为一直没有机会去西湖,我心中充满着对西湖那种文学气氛的向往。

从北京坐飞机到杭州大约需要2 ~ 3个小时。我和我太太下午到达了杭州的萧山机场,然后做公共汽车到了位于西湖附近的我们预定的酒店。那时外边一直下着小雨,酒店服务员告诉我们从酒店走着去西湖只需要七八分钟,于是我们打着伞慢慢地走向西湖。

杭州的气候跟东京很像。对我们来自东京来的人来讲,杭州的湿度和温度很容易适应。走路几分钟,穿过排满名牌商店的马路,弥漫着浓雾的雾茫茫的西湖,出现在我们的眼前。我终于看到了被白居易等历代文人墨客赞颂过的旅游胜地……西湖。我突然想起了苏东坡的名诗《饮湖上初晴后雨》:

水光潋滟晴方好,

山色空蒙雨亦奇。

欲把西湖比西子,

浓妆淡抹总相宜。

我眼前的西湖就呈现出“山色空蒙雨亦奇”的样子。苏东坡曾把西湖比喻为西施,我们看到的西湖也确美如西施。我和我太太在西湖边打着伞雨中散步,通过白堤和孤山看了著名的“楼外楼菜馆”、“秋瑾墓地”、“苏小小墓地”等。我看过武田泰淳写的关于“秋瑾”的随笔,喜欢读李贺的《苏小小歌》,所以西湖附近的这些遗迹让我兴趣盎然。但同时也莫名地感到一丝不足。西湖的魅力,没有我想象中的让我陶醉,这到底是为什么?这时雨也越来越大,气温也越来越低,快达到了让人难以忍受的程度,西湖附近的风景对我们来说,也没有特别的新鲜感。因为西湖的景色,我仿佛在哪里看过。到了苏堤附近的时候,我明白了其中的缘由。最大的原因是我和我太太以前去过北京的颐和园,而清朝在修建颐和园时就是仿造西湖而建的,所以我和我太太才对西湖有着似曾相识的感觉。明白了其中的缘由后,我们突然感到难忍的饥饿和疲劳,于是我们坐游览车回到了我们住的酒店附近。

对于我们来说,西湖附近的风景还可以,是一个可以让游客满意的旅游之地。那么杭州这座城市呢?却叫我们很是失望。体味当地人的日常生活,感受他们的生活氛围是我和我太太旅行的另一大乐趣。在当地人看来没什么意义的普通生活,对我和我太太来讲,都是很珍贵的体验,所以我们喜欢去当地人平时吃饭与购物的市场转转。可是我们在杭州找不到有这种气氛的地方。杭州的街道上鳞次栉比的巨大购物中心,路易威登、古奇等等的名牌商店,这些丝毫不能引起我们的兴趣。

在西湖附近的饭馆儿吃过晚饭后,我跟我太太商量下一步怎么办。我们吃的杭州菜味道一般,特别是东坡肉的味道跟在东京吃到的完全一样。看来杭州市区对我们来讲,没有任何魅力。晚上在酒店的房间里,我们一边看着电视剧《青年医生》一边商量着第二天该怎么办。

空蒙的西湖1

照片17

空蒙的西湖2

照片18

空蒙的西湖3

照片19

在空蒙的西湖边运动的女人

照片20

对我太太来说,西湖的魅力不如猪肉包子

照片21

 

大家好!

第86回中国語検定試験の申込、受付中です♪

136022

 日時

2015年6月28日(日)

二次試験:2015年8月2日(日) 

(※準1級の一次試験に合格された方と一次試験免除の方のみ)

 

・午前の部 10:00集合

準4級…10:15~11:15、 3級…10:00~11:55、 準1級…10:15~12:15

 

・午後の部 13:30集合

4級…13:45~15:25、 2級…13:45~15:45

 

※準1級

一次試験合格された方と一次試験免除の方を対象に

2015年8月2日(日)に二次試験が実施されます。

 

 会場

こちらからお選びいただけます。

<URL>

http://www.chuken.gr.jp/tcp/place.php

 

 ●お申込み方法

窓口で承ります。

備え付けの願書に記入いただき、受験料を添えて

お申し込みください。

当校の窓口でお申し込みの場合は、受験料が割引になります。

 

●お申込み締切

5月8日(金)まで

連休明けすぐの締切になりますので、ご注意ください

 

※上記日時以降にお申込みされる場合には

郵便、または日本中国語検定協会のホームページよりお願いいたします。

・郵便…5月15日(金)当日消印有効

・ホーム―ページ…5月20日(水)14:00まで

 064585

 

 

 

 

让人跳舞的天坛

作者:山本同学

 

到北京的第二天早上,我和我太太去了天坛。到天坛之前,我脑海中的天坛是一个神圣、安静的地方。不过我走进天坛,吃惊地发现,这里与我想象的完全不一样!是一个热闹非凡的地方!天坛公园内各种玩耍的人多到数不过来。有跳交际舞的、打太极拳的、跳化妆舞的、下棋的、打扑克牌的……其中最让我吃惊的是踢毽子的,因为我第一次看踢毽子。我觉得踢毽子的动作很有意思。踢毽子的人们一组一组地在踢,有的小组踢得技术一般,但是有的小组踢毽子的技术让围观的观众叹为观止。他们腿上的功夫然我联想到巴西职业足球运动员华丽的脚上功夫。看到他们我想虽然现在日本的足球水平比中国高,但是不久的将来,中国一定会诞生让全世界球迷吃惊的高水平的足球运动员,就像篮球界的姚明那样,虽然现在中国还没有世界级的足球运动员。因为踢毽子的人那么多,踢毽子的技术又那么好,我感觉不出十年,中国一定会出现如同梅西那样优秀的足球运动员。

天坛的建筑,比如圜丘、祈年殿、皇穹宇等等,都给我留下了深刻的印象。但是与这些相比,在天坛看到的男男女女,他们跳舞下棋踢毽子的光景,更让我难忘。我在颐和园和圆明园也看到很多跳舞的人,我打心里羡慕他们那种自由享受的样子。我很羡慕他们那种发自内心的开心的表情,也很羡慕他们能不用顾虑周围人的目光,自由自在地享受公园的样子。东京也有很多公园,可是哪个公园都写着“禁止 × × ”的牌子。比如,不许带狗进入公园,不准在公园踢球,跳舞等等。所以我不知道如何享受公园,我想这一点除我以外的其他日本人也一样。我家附近有个小公园,但是来公园玩耍的人很少,显得很冷清。有哪个日本人会想到可以在世界遗产附近热热闹闹地唱歌跳舞呢。日本人重视保护世界遗产,中国人却是在以他们特有的方式享受世界遗产。日本人和中国人都是珍惜历史的民族,不过对待历史的态度却有着很大的差异。我觉得天坛的这种气氛,给我让我反思良久。

 

天坛祈年殿

照片11

 

在天坛公园的地上写地书的老人

照片12

 

在天坛公园里跳舞的男人女人

照片13

 

在天坛公园里踢毽子的人

照片14

 

在天坛公园里下棋和打扑克的人

照片15

 

在天坛公园里化妆跳舞的男人女人

 照片16

 

                                                  北京让我着迷的地方

作者:山本同学

 

对于我和我太太来说,除了书店之外,北京前门大栅栏的老铺子,也是能够引起我们的购物欲望的地方。上次去北京旅行的时候,我们去大栅栏买了布鞋和旗袍式的衣服。那时买的布鞋很酷,唐装也很帅,所以我们又去了大栅栏的内联升和瑞蚨祥,内联升和瑞蚨祥都是很有传统和历史的老店,店里古香古色,非常值得体验一次。服务员的态度,在日本人看来,显得对客人比较冷淡,给人的印象是他们并不是很想拼命推销自己店里的商品。可是我鼓起勇气跟他们搭话时,没想到他们非常亲切地回答我的问题,并很详细地给我介绍了他们商品的特点。这次我和我太太买了两双布鞋和两双皮鞋。内联升的鞋都是手工做的,结实又帅气,在日本绝对买不到。如果我能赚到很多钱的话,我想去瑞蚨祥给自己订做一件中式长衫。

瑞蚨祥的外观

 

照片8

内联升的外观

照片9

买到内联升的鞋很高兴的我

照片10

                                             巡游书店

作者:山本先生

去旅游的时候,我一定会去当地的书店逛逛。因为我觉得逛书店能看到当地的文化与风俗,书店是当地文化的结晶。这次去北京的时候,我先去了国贸站附近的“蒲蒲兰绘本馆”,然后当然还去了西单的“北京图书大厦”和“王府井书店”。我去过“北京图书大厦店”和“王府井书店”,可是还没去过“蒲蒲兰绘本馆”。“蒲蒲兰绘本馆”是一家面向孩子的书店,在这里买得到形形色色的图书。虽然房间的面积不大,不过摆在书架上的书不少,房间里的装饰让客人感觉到一股童话世界的气息。坐在地板上给孩子朗读故事的母亲很多,有的母亲一边看着旁边的孩子一边用英语念故事。这样的情况表现出北京的父母教育意识很高,所以我觉得中国孩子和日本孩子一样辛苦。不过,书店里的孩子们看来都很高兴,听着故事兴奋地笑起来,他们的笑脸和笑声使我很开心。

蒲蒲兰书店的外观

照片5

在“蒲蒲兰绘本馆”我看到了两本很有意思的书。一本是《北京,中轴线上的城市》,另一本是老舍写的《北京的春节》。后者的内容当然是关于春节的事,前者的封面上写着“关注中轴线,我们即能发现北京城历史文化的另一种风貌”。这两本书都是面向孩子的,所以文章比较简单,连我也看得懂。

蒲蒲兰书店的入口

照片6

 

蒲蒲兰书店的室内

照片7

我在“北京图书大厦店”和“王府井书店”也买了很多本书。其中我特别看中李广宇的《行囊有书》和《香港寻书》,还有田原的《书店之美》。李广宇的书介绍各种各样地方的书店的事,比如香港的,台北的,首尔的等等。《书店之美》的内容也是介绍中国诸多书店的,譬如洛阳的,郑州的,苏州的,杭州的等等。三本书的内容我都很感兴趣,将来计划旅游时一定有用。而且《书店之美》介绍的书店都很有吸引力,书里收录的照片也都很漂亮。我以为中国书店的特点只是规模巨大(虽然东京池袋或者新宿的书店也很大,不过跟“北京图书大厦店”或者“王府井书店”比起来太小),但是《书店之美》告诉我中国也有很多漂亮的,值得去看的书店。中国太大了,巡游书店不容易,着急无用。有机会我要尽量去中国大陆,慢慢地巡游各个地方的书店。《书店之美》增加了我的期盼。

 

 

今年三月中旬,我跟我太太去中国旅游了。我HAO学校的老师劝我写一下游记,所以我试着写了一篇。

1 老北京味道的炸酱面

我们傍晚到了北京,已经没有时间去观光。于是,我们决定在酒店附近散散步,找找吃晚饭的饭馆。我们再北京住的酒店在崇文门站旁边。因此我们再崇文门站南边逛逛,几分钟以后找到了一家饭馆。那家饭馆的入口有老北京的风格。十分拥有让我们这样来北京旅游的人感兴趣的吸引力。但是进饭馆的人看来都不是旅游者而是当地人。当地人支持的饭馆,菜绝对很好吃。所以我们决定在这家饭馆吃晚饭。

这家饭馆的名字是“老北京炸酱面大王”。室内充满了老北京的气氛,客人很多,刺激食欲的香味和热闹的氛围让我们兴奋。年轻的服务员(后来他对我们说他高中刚毕业)带我们去了一张桌子,给我们这家饭馆的菜单。我们看了看菜单,就发现了我们还没见过的老北京菜的照片。很多张照片让我们伤脑筋,因为照片里的菜看来都是非常非常好吃的。我们一边看菜单一边商量。那时,坐在旁边的老人大声地说:“应该吃炸酱面,而且炸灌肠和京酱肉丝也很好吃,适合燕京啤酒。”我们听了他的建议。如他所说,我们点的菜都太好吃了,适合我们的口味。我不知道这家饭馆的菜是不是真的老北京菜,不过我们满足于老北京炸酱面大王的味道。特别是炸灌肠的口感使我想起来老舍在《骆驼祥子》里生动描写的老北京世界。

老北京炸酱面大王合我们的意,所以第二天中午吃午饭时我们又去吃了炸酱面。年轻的服务员看了看我们,就自言自语地说:“日本人又来了。”他看着我们的脸害羞地说“你好”的声音,给我们留下了很温暖的印象。

我们上次去北京旅游的时候,我们对东来顺的涮羊肉和烤肉季的烤羊肉那么好吃感到很吃惊。所以我们打算这次去北京的时候再去东来顺和烤肉季。不过,我们幸运地遇到了老北京炸酱面大王。当然我们的肚子能吃的量有限,吃不了那么多的东西。所以我们不得不放弃去吃烤羊肉。第二天午饭时,我们又去了老北京炸酱面大王,晚饭时去了王府井的东来顺本店吃了涮羊肉,还吃了烤羊肉。东来顺作为涮羊肉的饭馆很有名,可是我这次才知道这里的烤羊肉也很好吃。在北京吃到的北京菜跟在东京吃的太不一样了,我一直在找能在东京吃到地道的北京菜的餐厅。如果你知道的这样的餐厅,一定要告诉我哦。

 

晚上的老北京炸酱面大王

照片1

 

老北京炸酱面大王室内模样

照片2

 

午饭时的老北京炸酱面大王

照片3

 

鸟笼里的鸟也迎接客人

照片4

 

 

大家好!

 

ハオ歴2年目の田中靖俊様のインタビューをご紹介します。

1年目は教育訓練給付制度対象コースの「中国語会話スキルアップ講座Ⅱ」で学習されました。

担当の劉先生からは、田中様は上達が早いと常々聞いてはいましたが、お話をお伺いすると、かなり自宅学習をがんばっていらっしゃっているようです。

ただ、ご本人はただ楽しいから勉強していたとのことです。好きこそものの上手なれですね。

 

IMG_2228

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

中国語をスタートしようと思ったきっかけは?

毎月台湾へ出張に行きますが、通訳を介さず、現地のお客様と直接会話したいと思ったためです。

出張時はローカルスタッフが通訳をしてくれるのですが、きちんと通訳しているのか内心不安でした。というのも、私自身、アメリカ駐在時、通訳を頼まれることがよくあったのですが、実はその際に少し端折って伝えていたこともたまにあったので(笑)。

 

 

スタート時のレベルを教えてください

ラジオ講座で少し勉強していたのですが、読んで理解できても、会話が全くできませんでした。実際に中国語を使う必要性をひしひしと感じ、通学を決心しました。

 

 

なぜ教育訓練給付金制度を利用しようと思われましたか?

コース内容を見て、しっかり身に付けられそうかなと思ったこと、また、やはり少しでもお得に勉強したいと思ったからです。給付が受けられるとなると、勉強にも気合が入りますしね。

 

 

実際に受講されてみていかがですか?

毎週日曜日に2レッスン受講していました。

自分にできるのだろうかと、最初は不安でいっぱいでした。先生はレッスン中、基本的には中国語しか話さないので、始めのうちは本当に面食らっていました。でも徐々に慣れていき、どんどん楽しくなって、あっという間に96レッスンが終了しました。

上達が実感できるようになると、もっとしゃべりたい、もっと上手になりたいと思うようになりました。本当は、日曜だけでなく、平日もレッスンに来たかったです。

 

 

自宅学習について教えてください

書かないとなかなか覚えることができないので、ノートを作っています。重要な文法を自分なりにまとめたものですが、いつも鞄の中に忍ばせておいて、通勤中等ちょっとした空き時間を利用して勉強するようにしています。

 

IMG_2229

 

また、アプリやラジオなどで、常に中国語を聞くように心がけています。

勉強すればするほど、上達が実感できるようになり、いつのまにか中国語にハマっていました(笑)。

トータルするとだいたい毎日1時間程勉強していますが、すでに習慣になってしまったので、面倒だなと思うことはありません。

 

 

今後の目標を教えてください

96レッスン受講して、簡単な意思疎通は問題なく行えるようになりました。

正直、1年間でここまでできるようになるとは思ってもいませんでした。自分でもびっくりしています。

今後は、仕事上でも中国語を使えるようにしたいです。

商談等での会話は、だいたい60%ぐらいは分かるのですが、それを100%理解できるようになるというのが今の目標ですね。

 

 

これから中国語をスタートされる方へひとこと

発音は大変ですが、それでも漢字が分かる日本人にとっては、勉強する上では非常に有利だと思います。

色々不安はあるかもしれませんが、色々考えず、まずはとにかく学習をスタートしてみてください

そして独学するよりも、マンツーマンレッスンで集中して学習した方が、たくさん話す機会もあるし、上達すると思います。がんばってください!!

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

インタビューにあったとおり、田中様は、ご自分でノートを作られているそうです。

初級のテキストが終了した現在は、ノートも日本語を使わずに、中国語のみで書いていらっしゃるようです。

そう遠くない将来、通訳さんにダメ出しするようになるかもしれませんね!

 

田中様、ご協力ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

花 粉 症 :杉树花粉引起的身体不适

Huā Fěn Zhèng

huafen

花粉症时期常用单词:

口罩 kǒu zhào

眼药水 yǎn yào shuǐ

吃的药 chī de yào

鼻子 bí zi

眼睛 yǎn jīng

嗓子 sǎng zi

痒 yǎng

 

 

大家好!

お楽しみ!! 中国語クイズです♪

 

063251

 

前回のお題は

“两只小口袋,天天随身带,要是少一只,就把人笑坏。”

答えは “袜子 (くつした)”でした。分かりましたか??

 

それでは今日の問題、どうぞ!!

 

瞳孔遇光能大小,唱起来妙妙妙,

夜半巡逻不需灯,四处畅行难不倒。

  

分かった方はスタッフに教えてくださいね

正解した方、先着で2名様に中国スイーツをプレゼントいたします♪

 

051386

最近チェックしたスクール